ピアノを演奏することのメリット

音楽演奏がもたらす身体・精神へのメリットは、以前から広く認められています。特にピアノは、日常を忘れたい人や創造的な表現をしたい人、そして純粋に音楽を楽しみたい人にとって最高の手段となっています。近年では、音楽演奏が「健康な」身体、精神、そして生活をもたらすとする、ピアノの利点に関する事実が次々に明らかになっています。

 

身体の改善

ピアノ演奏は、座ってはいますが、一種の独特なエクササイズであり、あらゆる年齢の演奏者に多様な身体的・生理的メリットをもたらします。たとえば、青少年や成長期にある人が、定期的にピアノを演奏すると、微細運動能力が強化され、手と目の協調性が向上します。また研究により、高齢者がピアノのレッスンを受けると、ヒト成長ホルモン(HGH)のレベルが上昇し、アンチエイジング効果が得られることが明らかになりました。そのほか、生活に音楽を取り入れることで不安や心拍数、呼吸数、心合併症が減少し、血圧が低下し、免疫反応が向上することも証明されています。

知性の向上

ピアノの練習により、認知能力と知的能力も高まります。つまり、空間認識や数学に使用されるのと同じ脳の領域が活性化され、知性が向上します。また、ピアノの練習を通じて、記憶力、なかでも言語記憶が著しく向上し、集中力、粘り強さ、勤勉さ、創造性といった望ましい気質が育まれることが判明しました。

数年間にわたってピアノを習った子どもは、そうでない子どもと比べて、覚えている語彙数が20%多いことが明らかになっています。そのほか、幼児期に音楽を習っていた人は、その後の人生でスピーチや講義で得た情報をより長く保持できるようになります。ピアノの演奏は、数学、自然科学、工学に大きく関係する時空間認識能力を高めます。さらに、幼少時に定期的に音楽の練習をすると、脳の構造が変化し、その後の人生においても維持され、楽器演奏時やその他の音楽活動において脳がより効率的に機能することが判明しています。

数年間にわたってピアノを習った子どもは、そうでない子どもと比べて、覚えている語彙数が20%多いことが明らかになっています。

心が落ち着く

研究により、ピアノを弾くことで心の健康が改善されることも分かりました。音楽を演奏する人は、不安、孤独感、うつに悩まされる割合が少ないという結果が示されています。ピアノの演奏はストレスの緩和や自己肯定感の向上にも大きく寄与し、注意欠陥障害(ADD)の療法としても広く取り入れられています。 

生涯にわたる健康、健康的な生活

ピアノを演奏することにより、人生のあらゆる段階を完璧に補完する、数々の健康上の利点がもたらされます。それだけでなく、ピアノの演奏者・オーナーとして、文化的ネットワークや歴史的伝統に関与できることも大きなメリットです。ピアノは200年もの間、どの家庭にも欠かせない存在として、家族や友人を集め、音楽の力で人々を結びつけてきました。ぜひあなたのご家庭にも、ピアノを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

Written by Ben Finane, Editor of Listen Magazine

店舗検索

店舗検索

お近くのSteinway正規ディーラーの店舗を探す

Find a Location
連絡先

お問合わせは電話またはメールでご連絡ください

ニュースレター

STEINWAY & SONSの最新情報(英語)をお届けします

無料購読申込み